起業家として長くやっていくために必要なものとは・・・

仕事で、事業を立ち上げたばかりの個人事業主さんや、
20年以上会社を経営されている中規模ぐらいの社長さんと関わったりするのですが、

最近感じるのが、起業や会社経営って、
結局5年、10年、30年と中長期的にやっていく中で、

その人(個人事業主さんや社長さん)のありのままの自力が
そのまんま、結果に出るから面白いなぁと感じます。

ほんま、小細工とか通用しない。
己の力が純粋に試されるし、評価される場。

1~3年単位だと、
その時の時流に上手く乗っかって、
集客が勝手に出来てしまい、
売上がいきなり短期的に跳ねることもあります。

でも、その時にしっかりとした自力をつけとかないと、
結局、5年、10年、30年の中長期的なスパンでみると、
上手くいっていないケースもよく見かけます。

そして、結局長く会社を続けようとすると、
「総合力」をしっかりとつけるしかないと最近ひしひしと感じます。

例えば、「集客力」がやたらあり、
短期的に集客にドカッと成功して、
売上を立てれたとしても、

自分の販売している商品の「サービス力」に力がなかったら、
結局最初は売れるけど、
リピートに繋がらず結局収益も頭打ちになってしまいます。

また、反対に「サービス力」はあるけど、
「集客力」がなかったらそもそも売上を立てることが難しくなります。

たまたま、時流にのって跳ねるケースも、
結局、経営者に力がなかったら、
その時は儲かったけどすぐにそういったお金は消えてしまい、
すぐに苦しい状況に追い込まれる。

よく、本とかセミナーで、
例えば「短期的に集客力が得られます」的なものもあり、
確かに、それを実行すれば「集客力」は上がるとは思うのですが、

でも、それが出来るようになったからと言って、
全てが万々歳で事業が長期的に上手くいくかというとそうではないと思うんですよね。

経営を継続的かつ安定して伸ばしていくためには、
サービス力・人材育成力・セールス力・集客力・財務力・忍耐力などなど、
数えたらきりがないくらいの力を、
総合的にもっておかないと結局どこかで上手くいかなくなります。

もちろん、全てをパーフェクトに持つ必要もないし、
自分でできなければ、人に任せるのもありだと思います。

それも一つの力ですしね。

何が言いたいかというと、
結局、経営に小細工は通用しない。

直球ど真ん中で、自分の全精力をかけて勝負した結果が、
そのまんま売上として反映される。

日々足りないことを補い、
総合力をつけていく。

人生の道のりそのものだなぁと。

ほんまにそういった意味では、
自分の価値がそのまんま評価される、
自分自身を最大限に高めることができる生き方だなぁと思います。
——————————————————————————————————————

8月20日(土)三ノ宮 / 21日(日)大阪にて

「3ステップサービスメニュー改善講座」(6名限定)を開催

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.elab-jp.com/lp/lp05/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>