起業するタイミングはいつがいいの?

先日、友達と飲んでいた時に

「もし起業するなら、いつがタイミングとしてはいいの?」

と質問を受けました。

僕の答えとしては、「今すぐがいい」です。

起業する際にほとんどの人が心配するのが、

1.自分のスキルがまだ、起業してご飯を食べていくためには不十分ではないか。

2.お客さんをどうやって見つけたらいいんだろうか。

大半が、この2つの心配に集約されるのではないでしょうか。

じゃあ、なぜ「今すぐ」が一番いいのか。

1.自分のスキルがまだ、起業してご飯を食べていくためには不十分ではないか。

例えば、ゲームのプログラマーとかで今自分がやっていることを、会社組織の中にいて一人前になろうとすると、最低、10年はいるとされている。

だから、自分は今5年目だからあと5年は最低でも今の仕事を続けないと、とてもじゃないけど独立するための力は身につかないんじゃないかと、考えている方は多いのではないでしょうか。

でも、そもそも10年かかるっていうのは「会社の中で」っていう条件が付いてることに皆気付いていないことが多いです。

そしてそのことを何の疑いもなく、信じてしまっている。
当たり前の怖さですね。

そもそも、その10年っていうのは、はっきり言って根拠のない会社の中での刷り込み(教育)っていうことにまずは、気づかないといけないです。

そして、その10年を圧倒的に短くするための方法は、自分自身がどうしてもやらざる負えない環境に身を置くことです。

そうすることで、身に付けるために10年かかると言われている仕事が、
5年にもなるし、1年にもなることが可能です。

そう考えると、残りの5年間をわざわざ、会社の中でちんたらやっているよりも、
起業してしまって自分で仕事を受けて、成長スピードを急加速で上げてしまったほうがよっぽど合理的です。

2.お客さんをどうやって見つけたらいいんだろうか。

そもそも、自分がいいスキルを持っていれば、それだけ起業時にお客さんが見つかりやすいんじゃないかと思っていませんか。

はっきり言って、お客さんを見つける際に自分の仕事スキルは皆さんが思っている以上に関係ありません。

会社員時代に、日本でもトップクラスの実績を持っているとかは別ですが。

それ以下の場合は、はっきり言ってセールスをするにあたっては実は影響がありません。
例えば、会社で10年やって1人前のスキルを持っていようが、会社で5年やって半人前のスキルであろうが。

ということは、さっきの話であればせっかく10年我慢して、一人前のスキルを身に付けたとしても、お客さんを見つけるためのテクニック=「セールス」を磨いていなければ、仕事を得ることはできないし、せっかくのスキルを活かすこともできないのです。

反対に、5年目の半人前のスキルであってもセールス力があれば仕事をは受けることはできるのです。

そして、この売るためのテクニック(セールステクニック)は実践を通して磨いていくしか方法はありません。いくら、会社組織の中で今の仕事を頑張ったところで身につくようなことはありません。

とっとと起業することが、起業を成功するための一番の方法

1.自分のスキルがまだ、起業してご飯を食べていくためには不十分ではないか。

2.お客さんをどうやって見つけたらいいんだろうか。

という心配に対して、

「半人前であってもまずは仕事を受けてしまって、スキルを急加速度的に鍛えたほうがよっぽど合理的」というのが結論であり、だからこそ、起業は「今すぐ」やるべきなのです。

簡単にいうと、5年目の半人前のスキルであっても起業して、まずは仕事を受けてしまったら、1年ぐらいであと5年分のスキルは習得することはできるし、同時に売るためのテクニックもみについてしまいます。

反対に、今の会社であと5年待って、1人前のスキルを付けたところで、売るためのテクニックを磨かないと、起業ははっきり言って成功しないのです。セールス力なくして、起業は絶対に成功しないので。

じゃあ、とっとと起業してしまって売るためのテクニックをまずは磨いたほうが圧倒的に時間の使い方としては合理的になります。

でも、「もし半人前なのに仕事を受けてしまって、仕事をきちんとできなかったらどうしよう」とお考えの方が大半だと思います。

結論としては、「死んでもやりきる」ということです。

そもそも、起業ってこれぐらいの覚悟ないと上手くいかないです。

サッカー日本代表の本田圭佑は

「リスクのない人生なんて、逆にリスクだ。僕の人生なんてリスクそのものなんで。」

って言ってるしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>